Wednesday

Wednesday

おはようございます。日本語翻訳のStraussです。翻訳を始まる前に私は翻訳の経験がない!と言う事をお伝えておきたいと思います。 それでも理解できるくらいのレベルでは書こうと思っているのでよろしくお願いします。 翻訳が間違える場合があります! 鹿たちこんにちは!(チャンネル登録者を「鹿」って呼びますー可愛い) いよいよ「水曜日」まで来ましたね! たびたび見れるといいけどなかなか難しいですね//  絵は描こうとしたら書かれますけれどもいいプロットはなかなか浮かばなくて時間が必要だと思います。 特に「水曜日」は                 今度のシリーズの中で最も苦しくて暗いストーリーが込められている作品で、悩みが本当に多かった作品です~ 「水曜日」は主人公の子が初めて自身の’敵’と出会うストーリーを込めていますが。 この部分は子供の苦しさと傷が爆発するシーンで残酷な描写が必要だと思いながら、なるべく隠喩的な表現方式を使いたくて演出に一番悩みました。 できる限り象徴的な素材を通じて子供の苦しさが感じられるよう構成しました. それと今更のことだけどそろそろシリーズの紹介も必要だと思いますが。 各作品はそれぞれ短編小説があります。 映像内容ごとに書かれているカケラ文は該当編の内容の中で最も意味深い一部分です! 物語は英語翻訳家の方を雇うことになったら聞かせられます。 /からそこの英語上手なあなた!日本語翻訳として早く翻訳してくれ!/ 全て繋がっている物語だから読みながら感想したらきっと楽しいはずです 「月曜日」と「火曜日」、「水曜日」の主人公は同じキャラクタで月曜日の方は少々違く見えるかも知りませんが同じキャラ―です。 主人公の子は物語が終わるまで言及される名前も、特別な説明もありません。書かれているのはただ行動と感情を観察するように描写するだけです。 それですべての絵は誰かの視点を借りて眺めるシーンで描かれています。 物語の大まかな内容は一人の子供が全然見たことない空間で目を覚めて道を沿って進みながら経験する色んな事です。 超現実的な空間、そして底知れない奇怪なモノたち、こんな要素が私は好きです。最後のイラストまで見ないとわからないことがあって、シリーズの真の意味もあります。シリーズの名前が持つ意味です。 ここで全部話してしまったら後がつまらなくなるかもしれないから後にアップロードする作品も見ながら推理してください 😀  //((笑)英語圏でよく使われている見たいな絵文字 皆さんがコメント欄に書いてくださる推測を見たらとてもとても楽しいですもう当てられた方もいますね ある方は私の絵を見てインスピレーションを受けていると話してくれますが、逆に私は皆さんから沢山のインスピレーションを受けています。 前にもこう言ったことがありますが、いつまでも私たちお互いに霊感を与える仲になったらいいなと思います。…